読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mori-sho DIARY

仕事とかイベント活動や思ったこと日記

身体のメンテナンスは自分を愛することから

f:id:mori_sho:20170315175019j:plain


昨日、どうにもこうにも肩からふくらはぎにかけて、ほぼ全身がコリコリになって、あまりにもコリすぎて、座っているだけでも痛いので、仕事帰りにマッサージに行ってきました。

毎回どこの整体師さんにもコリがひどすぎて、ツボに指が入らないと言われます。

いつもは「そーなんですよ~」って軽く返事してたんですけど、

昨日は、自分の身体があまりにもコリすぎて、かわいそうになってきました。

全身整体60分のマッサージ。

首と頭はコリすぎて、揉んでもらうとコリコリして痛すぎる・・・

肩、指が入らないくらいのゴリゴリ感

背中、硬すぎて、ツボ押せないので背骨まわりをもみほぐし

腰、坐骨神経痛のツボが痛かった~

ふくらはぎ、ゴリゴリすぎて、下から上にマッサージされただけで、痛っ!!

 

そんな感じで60分。

若いころから(20代)肩まわりが硬かった。

スポーツしないんですよね、身体動かさないからですよね~なんて言い訳を言い続けてましたけど。

このままいくと、、、
動けなくなるんじゃないのかしら。

どうして、ここまで凝ってるんだろう。

たいしてストレスためてるわけじゃないし・・・
マッサージをうけながら、ぼんやり考えていました。

頭ではわかったつもりでも、わかってなかった事がある!!!

人生はいつも登り坂をイメージしてた、雨や嵐が吹いても、それを乗り越えて、1人登る人生の図。

苦労を苦労と考えないようにし、遭難したら、1人静かに、人生を終わればよい、誰かに助けを求めるとかなどほとんど考えない。

それが私だ!!

先日ある記事を読んだ、人生は険しい山に登ってこそ、すばらしい景色に出会えるのだ!というものと人生は川下り、流れる川に抗うことなく、流れる、オールさえ捨て川の流れに身を任せる人生。どちらを選択しますか?みたいなもの。

いつもの私なら間違いなく、険しい山に登ってこそ!!
でした(笑)

その記事の最後、川を流れていくと、、、、どこに着くか。

余計な力を入れず流れに逆らわなければ、最速で到着できる場所。
大海原である。

そこに今まで気がつかなかった(バカっ!!)

山の頂上から眺めるご来光、雲海もいいけどさ、見た後は下りが待ってるよね・・・
(膝がカクカクしちゃうよね~)

川を下っていけば、大海に出る、地平線に浮かぶ太陽も素敵!

特に目的のない「山」の頂上をずっと眺めながら、ひたすら歩いていた。

特になりたいものがあったわけじゃないので、目的のない過酷な登山に挑戦してたね。頂上がどこにあるかも、調べてないから、迷ってた状態www

背負う荷物を捨て、何も持たずに川の流れに身を任せて下るだけの生き方にシフトして行こう!!

元々ドS傾向の性格ですから・・・
自分をいじめすぎていたわ。

これからはいかに楽しみながら、生きるか、私に愛を!

もう少し暖かくなったら、、、軽くスポーツ始めます!!(たぶん)

f:id:mori_sho:20170315175006j:plain

 

f:id:mori_sho:20170126111736j:plain

 

広告を非表示にする