mori-sho DIARY

仕事とかイベント活動や思ったこと日記

自分のために

無事に引っ越しも終え、ダンボールも片付き、たくさんのモノを捨て、だいぶ殺風景な部屋となったけど、特に問題なし。

少しづつ新しい「何か」を増やしていけたらいいな。

今年の春からすったもんだあった新商品発売ネットショップ公開、運営もしていく事になるのだけど、まぁ、ひとまず、、、って感じです。

ここまでの道のり「楽しさ」をあまり感じなかった。
どうして、楽しめないのだろうってずっと考えていた。

私は会社を辞めたので、外部として業務を共に行うチーム感とか、一体感とか、そういった感情が不思議なほどわいてこない。

その理由が昨日ある人のセミナー中にハッとして気がついた、というより、降りてきた!!

昨日は別件の税理士事務所HPリニューアル用の撮影へ。
この税理士事務所主催の経営支援セミナーに参加しつつ、この日が事務所スタッフが全員揃うので集合写真を撮影。

そのセミナーでは渋谷のコーヒーハウスニシヤのバリスタ西谷さんを講師として開業、起業のお話をたっぷり聞かせていただいた。

f:id:mori_sho:20181111173007j:plain

西谷さんとても話上手!
最近はセミナー講師などは断っているそうなので貴重な機会でした。

開始5分でその内容にハッとしました。

人の為に・・・
(がんばります、役立てたい・・など)

人の為にと書いて・・・

漢字だと、それは・・

偽り となる。

って話しからスタート!
※「人の為と書いていつわりと読むんだねえ」相田みつをの言葉。

ご自身でコーヒーショップをはじめたのは、自分のためだと
この数か月なんかスッキリしなかった答えをいただいた!そんな瞬間でした。


そして、
私は気がつきました。

今の私は組織から出たにもかかわらず、

圧 の中にいるんです。

昔ながらの(日本的な)常にトップダウン。目に見えぬ言葉の圧の中に。

その圧力を使う事に慣れてしまった人々。
その中でうまく生きていく事が得意な人々。

今の私は自分にウソはつけない。
偽れないから、1人の道を選んでいる。
自分の人生だもん。他人に振り回されたくもない。

楽しくない原因はこの圧の中にまだいることだったのだ!

西谷さんの起業話の中には苦労や困難も経験しているし、良い事だけじゃないのは当たり前だけど、人としての成長なくしては成功はないのだと、それは、圧ではなく

その仕事への熱さ である。


この数か月苦しくて、辛くて、早く終わりたいと思っていて、
いつでも終わる準備をしているのだけど・・(笑)

私は団体や組織に属して生きるタイプではないし体育会系でもないので、上下厳しい縦社会にも入りたくはない。

平成も終わる。

そろそろ昔の体質を終わらせて、もっと自由に生きながら「仕事」をしてもいいはず。

夫婦でも恋人でもないし、尽くしたりサポートする事を好んでいる女性ばかりじゃない。当たり前のように女性が男に尽くす時代なんて終わってる。

圧じゃなくて

想いの熱い人、求む (笑)

熱い想いの人と一緒に熱くなりたい!!

自分の人生なんだから、楽しいことしよう。

自分のために。


f:id:mori_sho:20181111173206j:plain

このポストカードのイラスト西谷さんそっくり!盲導犬の活動してらっしゃいます。

味はもちろん外観、内観、制服、所作すべてに美しさを追求。

日本じゃないみたいな、オシャレ感素敵です。

この動画のきっかけもあり、多くの人が訪れる人気店に。
この動画を制作した会社にも仕事がたくさん入ってくるようになったんだとか。
こういうのが本当のwin winですね。
 


COFFEEHOUSE NISHIYA 2016 Long ver



coffeehousenishiya.com

 

コーヒーハウスニシヤ、いつも並んでいるからまだ入った事ないのだけど、
税理士事務所HPリニューアルチーム3人でお邪魔する事にしました。

今回のチームは人柄含め
男子→頭良すぎて三枚目キャラなのか?!(笑)
女子→まさかこんなカタチで仕事を共にするとは!なご縁。
人柄+頭脳+機転といいチームです。

さて、今週は火曜~金曜まで自宅で仕事します!

平日の昼間、気分的に余裕ありますよ~

個人経営や小さくても志のある人のために・・・
私の為に、自分の力を尽くしてみたい。

 

 


まずは捨てる事から始める

f:id:mori_sho:20181021013959j:plain

急遽決まった引っ越し。。
もうバタバタです。

来年の3月が更新なので、それまでにゆっくり探そうかななんて思っていたのだけど、
たまたま仕事で荻窪に行ったときに、コジャレたオシャレっぽい地域密着型賃貸サイトを見つけて、なんとなく物件チェックして、メールで問い合わせて翌日その不動産屋に行きました。

そこは、担当者やオフィスにいる人達もすごく若くてスーツ着てる人もいなくて、お客さんいるのに(私の事)スタッフ同士がわちゃわちゃしゃべってて、服装もカジュアルで・・・(それはいいとして)

気になった物件など資料を出してもらって、色々相談しつつ、
私保証人いないんです、親戚もみんな高齢で年金もらっている人ばかりなんですけど、大丈夫ですか?

そしたら、その担当の若い男子が、うちが直接管理している物件は保証人がいないとご紹介できないんですよ、、、でも、他社物件なら大丈夫な所探してみますよ。

と。

ここの管理物件は保証会社にも入って、さらに保証人が必要なんだとか。

仕事終わりに18時に約束してその不動産屋に行ったのだけど、きっとこの不動産屋は18時終わりだったみたいで、スタッフの若い子達は片づけはじめ、シャッターも半分しめはじめたり。。。

早く帰れって感じもしたので、また、と話を終わらせた。

その担当の子が最後に
「あきらめないで探してくださいね!」って私に言った。

あきらめないで、、、、って?(笑)

その不動産屋は学生さんや30歳前後のファミリー層なんかをターゲットにしているんだろうね。

ふとその子の「あきらめないで・・・」って言葉がなんかひっかかってしまい、翌日今住んでいる沿線で、一番好きな駅にある不動産屋に入ってみた。

そしたら、今度はネクタイした大人の男性と若い女性が私の希望を聞いていくつか物件を紹介してくれた。

同じように保証人の話をしたら、保証会社には入るので、特に必要ないですよ、って。

普通そうだよね(笑)

いくつかの物件の中から比較的家賃もお手頃で、オートロックのマンション、フリーレントもつけてくれたのでそのマンションに決めた。


この際だから、ずーーーーーーーっと捨てたかったものを捨てる事にした。

それは、25年前?結婚してた時からずーーーっとあるチェストを廃棄する。
(若い頃輸入雑貨店で働いていたので、その当時に嫁入り道具として社販で購入したかなり重厚なチェスト)

父が亡くなった直後知り合いが親の供養のためと大勢で寄ってたかって、あなたのご両親は寒い世界にまだいるのよ、あなたが得度したら救われるだとか言われて、イヤイヤ在家の出家をした。(本心は宗教には全く興味なかった)
あれから、宗教はビジネスである、悲しい人を救う=依存させていく、という事に気がついたので、ほとんど活動もしていないし、ただ、当時の在家尼さんのセット(衣とか仏具など)がそのまま残っている。
引越しが決まったので、そのお寺に脱会希望をし、辞めた。

新しい生活に、持っていきたくないものは、持っていかない。

もう家具は買わない。

押入れケースで十分だよね。

ぐっとモノを減らし、シンプルに、「好きなもの」だけで生活をする。

そのために捨てる。

だって、もう、あの頃の事なんか、どうでもいいんだもん。

実家にいた時の思い出的なものも捨てる。



もう、実家ないし、両親もこの世にいないし、
思い出は心の中にあるから、モノは残しておく必要がない。

悲しい時に近寄ってくる「助けてくれる」「優しくしてくれる」
悲しい人を救う事を仕事にしている人達の場合があるから、そこは見極める。
決して情に流されてはいけない。

神様や仏様を拝まなくても、
たたられたりしないし、私の両親は成仏しています(笑)

仕事も・・・
独立したけど、結局なんか部下のまま??

なんか違うよね。

仕事は辛く厳しいものだよ、それができないのなら終わるか?と言われた。

そうかな・・・・
仕事は楽しいものですよ。

では、終わりましょう。


(笑)


さて、その終わりはいつにしようかな~

仕事なんて楽しくないし、辛いもんだよ、

ははは。
サラリーマンだったらね。

平成最後の年ですよ
私51歳ですよ。

どうして1人になったかわかりますか?

楽しみたいからですよ!!!

というハッキリした考えを示すことにしました。

あなたがいなくても私大丈夫です。

それを表す事が、とても大事なんだと思う。

宗教と同じで、それがなくなったら、、、
どうしようではなくて、なくても大丈夫だから!

むしろ、我慢する事をやめて、
私がニヤニヤ毎日楽しんでいたら・・・

本物の神様が味方してくれるし、守ってくれるのだと思う(笑)

本物だけ。

それを見極める。


その昔、、、
カラオケとかに行っていた時期によく歌ったhitomiのLOVE2000

愛はどこからやってくるのでしょう・・・
ニセモノなんて興味がないわ~

ってところの歌詞好きでした(笑)

hitomi LOVE 2000 歌詞&動画視聴 - 歌ネット

 


hitomi / LOVE 2000

 
今でもたまに聴く。

引越し終わったら・・・

素の私で
それでOKっていう人をたくさん見つけよう!!


このごろ、サラリーマンという思考の人と話が合わなくなってきた。

見た目、ふつーのOL風に見えるからなのか、
白黒はっきり、両極端な思考をバシっと表に出すと、
ちょっとビックリするのかな??

まぁ、いいや。